記念切手の価値と買取相場

郵便創業80年記念切手の価値と買取相場

投稿日:

郵便創業80年記念切手

郵便創業80年記念切手は、郵便事業が開始から80周年を記念して作られた記念切手です。

1円切手が4枚セットとなった切手シートで発行され、発行枚数は100万枚となっております。

そんな郵便創業80年記念切手は、額面価格の500倍以上の価値があるプレミア切手となっております。

そこで本記事では、郵便創業80年記念切手の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

郵便創業80年記念切手の買取相場

郵便創業80年記念切手の買取相場

買取相場(1枚) 1,000円~1,500円
買取相場(FDC初日カバー) 5,000円〜10,000
額面価格 1円×4枚
発行年数 1950年3月22日
デザイン 前島密の肖像画

郵便創業80年記念切手の買取相場は、1,000円~1,500円ほどとなっています。

はてな

切手シートとは

個別に切り離されていない状態の切手。切手が複数枚印刷される際に、周囲が余白(耳紙"みみがみ")で囲まれている形をさす。シートは数枚から数百枚の切手で構成される場合があるほか、切手収集家などを対象にした小型シートもある。切手が収集の対象となることがあるのと同様に、切手シートも収集されることがある。

ここまで紹介してきました買取相場は、あくまで相場であって切手の状態(日焼けや折れ)が綺麗であるほど買取価格が高くなります。

もし今後買取をお考えの方は、丁寧に保管しなるべく早めに査定・買取してもらうことをおすすめします。

郵便創業80年記念切手の買取をお考え中の方へ

郵便創業80年記念切手の買取相場は非常に高くなっており、最大で1万円ほどでの買取が期待できる切手となっております。

そんな郵便創業80年記念切手の肖像画として使用されている前島密はそのほかの切手にも使用されているため、ご存知の方もいるのではないでしょう。

はてな

前島密は、日本の郵便制度の創設者のひとりで、ゆえに「近代郵便の父」とも呼ばれています。 明治政府に出仕した前島密は、日本の近代化にあたって通信や交通を整備することの重要性に気付き、郵便の発祥地イギリスへ飛び、「郵便制度」を視察して帰国します。 そして、日本に適応した郵便制度を作り、誰でも平等に使える「郵便制度」を確立した人物です。

そんな郵便創業80年記念切手の買取をお考えであれば、いますぐ買取してもらうことをおすすめします。

もし買取をお考えであれば、金券ショップなどで買取してもらうのではなく、専門の買取業者に依頼することをおすすめします。

当サイトでは、TOPページの切手買取おすすめ人気業者ランキングで切手買取業者を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

-記念切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.