日本切手の価値と買取相場 記念切手の価値と買取相場

山下白雨切手の驚きの価値とは?|おすすめの買取業者も紹介!

投稿日:

山下白雨切手

山下白雨切手は、切手趣味週間記念切手の第1弾として発行された切手です。

1947年11月1日に発行され、発行部数は300万枚となっております。

1円切手を5枚組み合わせた小型シートの形式で発行され、現在では価値が高くなっております。

そこで本記事では、山下白雨切手の価値とおすすめの買取業者を紹介していきます。

山下白雨切手の買取相場

山下白雨切手の買取相場

買取相場 ~1,000円
発行枚数 300万枚
額面価格 1円
発行年数 1947年11月1日
デザイン 富嶽三十六景

山下白雨切手の買取相場は、最大で1,000円ほどとなっています。

額面は1円のみで、1円切手が5枚組み合わさった小型シートとなっており、糊・目打ち(切手のミシン目)が無いの特徴です。

シート型であることで価値は高くなりますので、切り離したりしないようにしましょう。

山下白雨切手の価値と概要

山下白雨切手は、切手趣味週間シリーズの第1回として、1947年11月1日に発行された切手です。

額面は1円のみで、1円切手が5枚組み合わさった小型シートとなっており、発行枚数は300万枚となっています。

図柄には葛飾北斎が描いた浮世絵である「富嶽三十六景 山下白雨」が描かれております。

「切手趣味週間」は今となっては切手コレクターの間で人気シリーズとなっていますが、発行当時は人気が思った以上に伸びず大量の在庫を抱える事態となっていました。

山下白雨切手の買取ならバイセル

ポイント


・買取価格の高さ業界No.1!
・他社より買取価格が1円でも安ければキャンセル可能
・申込から最短30分で買取完了するスピーディな対応
・全国どこでも無料で出張買取
・出張料・査定料・キャンセル料など、全て無料!
・アフターフォローまでしっかり行ってくれる

注意ポイント

・人気すぎて、土日など予約が取ることが難しい

普通切手の買取価格の高さが業界No.1

バイセルは切手の買取価格の高さが業界No.1で、非常に高値で買取をしてもらえます。

月間20,000件の買取実績から生まれる鑑識眼で、20世紀デザイン切手シリーズ本来の価値をより正確に査定してもらうことが可能です。

買取価格以外にサービス内容など全てにおいて日本トップレベルの実績があるからこそ、バイセルは安心して査定依頼できる業者です。

面倒な手間は一切なし!無料出張買取!

バイセルは、査定申込から取引完了までが非常にスピーディーです。ネットからの簡単申込で、自宅まで駆けつけてくれます。

出張買取と聞けば、「出張料など色々費用がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、バイセルであれば費用は一切かかりません。

また、自宅に査定員を招くのが不安だという方には、郵送買取などさまざまな買取方法を利用できるのもバイセルの特徴です。

どんな切手でも丁寧に対応してくれるバイセルに、ぜひ一度査定依頼してみてください。

アフターフォロー体制も万全で安心!

利用者に最後まで納得・満足した取引を行ってもらうために、バイセル独自の「フォローコール」があります。

フォローコールの内容は

・売買契約に関する説明がきちんとされていたか
・査定員のサービスの質は十分だったか
・査定額に納得しているか

査定したスタッフにその場で直接言いづらい上記の内容について、査定員が帰宅後にバイセルの本社の社員の方より電話で質問されます。

もし、査定内容の疑問点や査定員のサービスに不満があれば、「フォローコール」で気軽に相談できます。

それだけでなく、「フォローコール」で取引のキャンセルも行えます。もしその場では気まずくて「売らないです」と言えない方は、この電話でキャンセルすることも可能です。

-日本切手の価値と買取相場, 記念切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.