記念切手の価値と買取相場

満州国皇帝訪日記念切手の価値と買取相場

投稿日:

満州国皇帝訪日記念切手の価値と買取相場

満州国皇帝訪日記念切手は、1935年に満州国皇帝が日本を訪れたことを記念して作られた記念切手です。

額面価格は1.5銭・3銭・6銭・10銭の4種があり、デザインは、1銭5厘、3銭切手には「比叡と白塔」、6銭と10銭切手には「赤坂離宮」が描かれています。

額面価格によって切手の発行枚数が異なることから、それぞれ価値・買取相場も変わってきます。

そこで本記事では、満州国皇帝訪日記念切手の価値・買取相場からおすすめの買取業者についても紹介していきます。

満州国皇帝訪日記念切手の買取相場

満州国皇帝訪日記念切手(10銭)の買取相場

満州国皇帝訪日記念切手(10銭)の買取相場
買取相場:800円~1,000円
買取相場(FDC):10,000円
満州国皇帝訪日記念切手(10銭)の発行枚数は、約87万枚とその他の額面の切手と比べると少ない枚数となっております。買取相場は1枚あたり800円~1,000円となっています。

満州国皇帝訪日記念切手(6銭)の買取相場

満州国皇帝訪日記念切手(6銭)の買取相場
買取相場:500円~800円
買取相場(FDC):10,000円
満州国皇帝訪日記念切手(6銭)の発行枚数は、10銭切手と同じ枚数の87万枚発行されています。そのため買取相場は1枚あたり500円~800円となっています。

満州国皇帝訪日記念切手(3銭)の買取相場

満州国皇帝訪日記念切手(3銭)の買取相場
買取相場:100円~300円
買取相場(FDC):5,000円
満州国皇帝訪日記念切手(3銭)の発行枚数は、440万5500枚と10銭,6銭切手より非常に多くなっています。そのため買取相場は1枚あたり100円~300円となっています。

満州国皇帝訪日記念切手(1,5銭)の買取相場

満州国皇帝訪日記念切手(1,5銭)の買取相場
買取相場:100円以下
買取相場(FDC):4,000円
満州国皇帝訪日記念切手(1,5銭)の発行枚数は、511万枚と全ての額面の中で1番多い発行枚数となっています。そのため買取相場は1枚あたり100円以下となっています。

満州国皇帝訪日記念切手の価値・買取相場について

満州国皇帝訪日記念切手は、1.5銭が100円以下、3銭切手が約100円から300円、6銭と10銭切手が500円~1,000円となっております。

また満州国皇帝訪日記念切手のそれぞれの額面切手単体では、最大で1,000円ほどの買取相場になりますが、4種類全て揃っていれば買取相場も多少上昇して高値での買取が期待できる切手となっています。

また切手の発行初日の消印が押された「FDC切手」であれば、どの額面価格でも高額買取が期待できる切手で買取相場は4,000円〜10,000円ほどとなっています。

ちなみに満州国皇帝訪日記念切手の初日発行日は、1935年4月2日なので、もし消印が押されている状態であれば、確認してみてください。

はてな

FDCの買取相場

FDCとは、郵便切手が貼られ、その切手の発行日当日の消印が押された封筒類のことである。記念切手などでは、記念の対象の関係者には記念品であり、また、数が限られることから切手収集家や記念品収集家のコレクション対象としての趣味性が強い郵趣品である。英語"First Day Cover"の頭文字のFDC(エフ・ディー・シー)という略称である。

お持ちの満州国皇帝訪日記念切手の価値・買取相場が気になる方は、ぜひ下記のより無料査定してもらうことをおすすめします。

満州国皇帝訪日記念切手の買取をお考え中の方へ

満州国皇帝訪日記念切手は、6銭と10銭切手であれば500円~1,000円期待できる切手となっています。

また4種類全て揃っていれば、コレクターからの需要もあるので相場以上で買取してもらえる可能性もあります。

しかし満州国皇帝訪日記念切手の買取価格が、いつ急に下落するかわからないため、数年後には価値がないなんてことをあります。

もし満州国皇帝訪日記念切手をコレクターとして集めていないのであれば、無料査定してもらい価値を確かめてみてください。

もしそこで提示された買取価格に納得できれば、売ることもできます。

ぜひ一度、下記のより無料査定してもらうことをおすすめします。

-記念切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.