日本切手の価値と買取相場

紀元2600年記念切手の価値と買取相場を徹底解説!

更新日:

紀元2600年記念切手

紀元2600年記念切手は、日本の初代天皇である神武天皇の即位2600年を祝った「紀元2600年式典」が開催され、その式典の記念して発行された記念切手となります。

そんな紀元2600年記念切手には、一次切手と二次切手の合わせて4種類が発行されています。

一次切手は1940年2月に発行され、額面は2銭と10銭の2種類が、二次は1940年11月に発行され、額面は4銭と20銭の2種類があります。

そこで本記事は、紀元2600年記念切手の買取相場について1枚ずつ丁寧に説明していきます。

紀元2600年記念切手の買取相場

紀元2600年記念(一次)切手「2銭」の買取相場

紀元2600年記念(一次)切手「2銭」の買取相場

買取相場(1枚) 〜500円
買取相場(FDC) 〜1,500円
額面価格 2銭
発行年数 1940年2月11日
発行枚数 345万枚
デザイン 金鵄

紀元2600年記念(一次)切手「10銭」の買取相場

紀元2600年記念(一次)切手「10銭」の買取相場

買取相場(1枚) 〜1,000円
買取相場(FDC) 〜2,500円
額面価格 10銭
発行年数 1940年2月11日
発行枚数 57万枚
デザイン アユと瓶

紀元2600年(一次)記念切手の買取相場は最大で、2銭切手が500円、10銭切手は1,000円の買取相場となっています。

紀元2600年(一次)記念切手には、「FDC(初日カバー)」と呼ばれる切手も存在しており、そちら切手であれば最大で1,500円ほどで買取してもらえる可能性があります。

発行枚数はそれぞれ2銭が345万枚、10銭が57万枚と二次切手と比べると少ないため、一次切手の方が高額買取が期待できる切手となっております。

紀元2600年(一次)記念切手のデザインは、2銭切手は「金鵄」、10銭切手は「アユと瓶」が描かれており、どちらも日本書紀に関する題材して描かれたデザインとなっております。

紀元2600年記念(二次)切手「4銭」の買取相場

紀元2600年記念(二次)切手「4銭」の買取相場

買取相場(1枚) 〜100円
買取相場(FDC) 〜1,500円
額面価格 4銭
発行年数 1940年11月10日
発行枚数 1088万枚
デザイン 高千穂の山の風景

紀元2600年記念(二次)切手「20銭」の買取相場

紀元2600年記念(二次)切手「20銭」の買取相場

買取相場(1枚) 〜300円
買取相場(FDC) 〜1,500円
額面価格 20銭
発行年数 1940年11月10日
発行枚数 107万2000枚
デザイン 樫原神宮

紀元2600年(二次)記念切手の買取相場は、4銭切手が100円前後、20銭切手は300円前後の買取相場となっています。

紀元2600年(二次)記念切手にも、「FDC(初日カバー)」と呼ばれる切手も存在しており、そちら切手であれば最大で1,500円ほどで買取してもらえる可能性があります。

はてな

FDC初日カバー切手とは

FDCとは、郵便切手が貼られ、その切手の発行日当日の消印が押された封筒類のことである。記念切手などでは、記念の対象の関係者には記念品であり、また、数が限られることから切手収集家や記念品収集家のコレクション対象としての趣味性が強い郵趣品である。英語"First Day Cover"の頭文字のFDC(エフ・ディー・シー)という略称である。

発行枚数はそれぞれ4銭が1088万枚、20銭が107万2000枚と一次切手と比べると多いため、それほど買取価格も高くありません。

紀元2600年(一次)記念切手のデザインは、4銭切手は「高千穂の山の風景」、20銭切手は「橿原神宮」が描かれており、橿原神宮とは「紀元二千六百年祝典準備委員会」により記念行事が計画された場所であり、計画にあたっては大規模な整備なども行われました。

ここまで紀元2600年記念切手の買取相場を紹介してきましたが、買取相場はあくまで相場であって切手の状態によって買取価格は変わってきます。

もし今後買取をお考えであれば、「汚れ・折れ・日焼け」に注意して大切に保管するようにし、なるべく早めに買取してもらうことをおすすめします。

紀元2600年(一次)記念切手の高額買取ならバイセル!

切手の高額買取ならバイセル

ポイント


・買取価格の高さ業界No.1!
・他社より買取価格が1円でも安ければキャンセル可能
・申込から最短30分で買取完了するスピーディな対応
・全国どこでも無料で出張買取
・出張料・査定料・キャンセル料など、全て無料!
・アフターフォローまでしっかり行ってくれる

注意ポイント

・人気すぎて、土日など予約が取ることが難しい

おすすめ理由1:切手買取実績が業界TOPクラス!

バイセルの全国で非常に人気で、土日は予約が取ることが困難なほど人気な買取業者です。

その理由は、豊富な鑑定実績から生まれる鑑定眼で正確な査定が期待できるからです。

月間20,000件の買取依頼あり、豊富な買取実績から生まれる鑑識眼でどの買取業者よりも正確な査定が期待出来ます。

さらにバイセルの査定員は、独自の厳しいテストに合格した方のみ査定員として、査定することができます。

なので「査定員の質が高く買取価格もどこよりも高いので、安心して査定依頼できる」と多くの方が、査定依頼をしているようです。

おすすめ理由2:面倒な手間は一切なし!無料出張買取!

バイセルは、査定申込から取引完了までが非常にスピーディーです。ネットからの簡単申込で、自宅まで駆けつけてくれます。

出張買取と聞けば、「出張料など色々費用がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、バイセルであれば費用は一切かかりません。

また、自宅に査定員を招くのが不安だという方には、郵送買取などさまざまな買取方法を利用できるのもバイセルの特徴です。

どんな切手でも丁寧に対応してくれるバイセルに、ぜひ一度査定依頼してみてください。

おすすめ理由3:アフターフォロー体制も万全で安心!

利用者に最後まで納得・満足した取引を行ってもらうために、バイセル独自の「フォローコール」があります。

フォローコールの内容は

・売買契約に関する説明がきちんとされていたか
・査定員のサービスの質は十分だったか
・査定額に納得しているか

査定したスタッフにその場で直接言いづらい上記の内容について、査定員が帰宅後にバイセルの本社の社員の方より電話で質問されます。

もし、査定内容の疑問点や査定員のサービスに不満があれば、「フォローコール」で気軽に相談できます。

それだけでなく、「フォローコール」で取引のキャンセルも行えます。もしその場では気まずくて「売らないです」と言えない方は、この電話でキャンセルすることも可能です。

紀元2600年記念切手の買取をお考え中の方へ

紀元2600年記念切手の買取相場は、額面価格や切手の状態によって大きく変わってきます。

80年以上前に発行された切手となっているため、綺麗な状態であったりシート型の切手であれば買取相場以上での買取が期待できます。

当サイトでは、TOPページの切手買取おすすめ人気業者ランキングで切手買取業者を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

-日本切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.