記念切手の価値と買取相場

関東局始政30年記念切手の価値・買取相場を紹介!

投稿日:

関東局始政30年記念切手の価値・買取相場

関東局始政30年記念切手は、満州国に設置された関東局の政治から30年を記念として発行された記念切手です。

1936年9月に発行された切手で、額面価格は1,5銭、3銭、10銭の3種類があります。

それぞれの切手のデザインは、1,5銭は「地球とハト」、3銭は「旅順表忠塔」、10銭は「当時の関東庁庁舎」が描かれています。

そんな関東局始政30年記念切手は、当時満州国内のみで流通していたこと、発行枚数が少なかったことから非常に価値の高い切手となっています。

そこで本記事では、関東局始政30年記念切手の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

関東局始政30年記念切手の買取相場を紹介!

関東局始政30年記念切手(10銭)の買取相場

関東局始政30年記念切手(10銭)の買取相場
買取相場:10,000円~15,000円
買取相場(FDC):50,000円
関東局始政30年記念切手(10銭)の発行枚数は、5万枚と少ない枚数となっております。買取相場は1枚あたり10,000円~15,000円と高額買取が期待できる切手となっています。

関東局始政30年記念切手(3銭)の買取相場

関東局始政30年記念切手(3銭)の買取相場
買取相場:2,000円~2,500円
買取相場(FDC):40,000円
関東局始政30年記念切手(3銭)の発行枚数は、約30万枚と10銭切手より多く発行されています。そのため買取相場は1枚あたり2,000円~2,500円となっています。

関東局始政30年記念切手(1,5銭)の買取相場

関東局始政30年記念切手(1,5銭)の買取相場
買取相場:1,000円~1,500円
買取相場(FDC):30,000円
関東局始政30年記念切手(1,5銭)の発行枚数は、30万枚と3銭切手と同じとなっています。そのため買取相場は1枚あたり1,000円~1,500円となっています。

関東局始政30年記念切手の価値・買取相場について 

関東局始政30年記念切手の価値は、10銭切手が特に高く最大で15,000円ほどあると言われています。

10銭切手の発行枚数は5万枚と、3銭、1,5銭切手と比べると極端に少なく、そのため価値が高くなっています。

3銭、1,5銭切手も10銭切手と比べると価値が低く感じてしまいますが、記念切手の中では価値が高くなります。

また切手の発行初日の消印が押された「FDC切手」であれば、どの額面価格でも高額買取が期待できる切手で買取相場は40,000円〜50,000円ほどとなっています。

関東局始政30年記念切手の発行日は1936年9月1日なので、お持ちの切手の消印を確かめてみてください。

はてな

FDCの買取相場

FDCとは、郵便切手が貼られ、その切手の発行日当日の消印が押された封筒類のことである。記念切手などでは、記念の対象の関係者には記念品であり、また、数が限られることから切手収集家や記念品収集家のコレクション対象としての趣味性が強い郵趣品である。英語"First Day Cover"の頭文字のFDC(エフ・ディー・シー)という略称である。

お持ちの関東局始政30年記念切手の価値・買取相場が気になる方は、ぜひ下記のより無料査定してもらうことをおすすめします。

関東局始政30年記念切手の買取をお考え中の方へ

関東局始政30年記念切手の価値・買取相場は記念切手の中でも非常に高いものとなっています。

しかし、今は価値が高い切手であっても今後さらに価値・買取価格が上昇するかどうかはわからない状況です。

なぜなら若い世代の切手コレクターが減少しており、切手の需要が減少していくことが考えられるからです。

もし、次売ろうとした時には、関東局始政30年記念切手の価値が全くないなんてことも、、、。

そんなことにならないように、一度無料で査定してもらうことをおすすめします。

-記念切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.