中国切手の価値と買取相場

関漢卿組合せ切手の価値・買取相場を紹介!

更新日:

関漢卿組合せ切手の価値・買取相場

関漢卿組合せ切手は、1958年に中国で発行された切手です。

中国の元曲作家である関漢卿(かんかんけい)が、戯曲の創作から700年を記念して発行されました。

そんな関漢卿組合せ切手はバラ切手と切手シートの2種類が発行されており、どちらも中国で切手収集が禁止されていた時代の切手のため価値が高くなっています。

そこで本記事では、関漢卿組合せ切手の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

関漢卿組合せ切手の買取相場を紹介

関漢卿組合せ切手の買取相場

買取相場(バラ) 1,000円〜2,000円
買取相場(切手シート) 10,000円〜
発行年数 1958年
デザイン 水墨画で描かれた関漢卿

関漢卿組合せ切手の買取相場は、バラ切手で1枚1,000円〜2,000円となっており、切手シートであれば10,000円以上での買取が期待できる切手です。

発行された当時、中国では切手の収集・海外への持ち出しが禁止されており、関漢卿組合せ切手の現存枚数は非常に少ないと考えられています。

その中でも、切手シートは発行枚数も少なかったとされているため、希少価値が高く買取価格も高くなるようです。

もし関漢卿組合せ切手の買取価格が気になる方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

関漢卿組合せ切手の買取をお考え中の方へ

関漢卿組合せ切手の買取相場は1,0000円から10,000円と非常に幅広くなっております。

そのため、買取価格を断言することはできませんし、お持ちの切手の状態によっては買取相場より高値で買取してもらうことをできます。

関漢卿組合せ切手をコレクターとして集めていないのであれば、無料査定してもらい価値を確かめてみてください。

当サイトでは、TOPページの切手買取おすすめ人気業者ランキングで切手買取業者を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

-中国切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.