記念切手の価値と買取相場

伊勢神宮式年遷宮記念切手の価値・買取相場を紹介!

投稿日:

伊勢神宮式年遷宮記念切手の価値・買取相場

伊勢神宮式年遷宮記念切手は、1930年に58回目の伊勢神宮遷宮を行ったことを記念して発行された記念切手です。

額面価格は1,5銭と3銭の2種類が発行されており、デザインはともに「伊勢神宮の内宮」が描かれています。

1,5銭切手は青色、3銭切手は赤色の切手となっており、どちらも300万枚以上発行されています。

発行枚数が多いこと、現存枚数も多いことから、それほど価値は高くありませんが、額面価格以上で買取してもらうことができます。

そこで本記事では、伊勢神宮式年遷宮記念切手の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

伊勢神宮式年遷宮記念切手の価値・買取相場

伊勢神宮式年遷宮記念切手(3銭)
伊勢神宮式年遷宮記念切手(1.5銭)
伊勢神宮式年遷宮記念切手(3銭) 伊勢神宮式年遷宮記念切手(1.5銭)
買取相場:200円~300円
買取相場:100円~150円
買取相場(FDC):3,000円
買取相場(FDC):3,000円
伊勢神宮式年遷宮記念切手(3銭)の発行枚数は、約344万となっており、買取相場は1枚あたり200円~300円となっています。
伊勢神宮式年遷宮記念切手(1,5銭)の発行枚数は、約342万枚となっており、買取相場は1枚あたり100円~150円となっています。

伊勢神宮式年遷宮記念切手は、現存数が多くそれほど高値で買取が期待できません。

買取相場は、1.5銭切手が100円~150円、3銭切手は200円~300円となっています。

しかし「初日カバー(FDC)」と呼ばれる伊勢神宮式年遷宮記念切手であれば、買取相場は約3,000円ほどが期待できます。

はてな

FDCの買取相場

FDCとは、郵便切手が貼られ、その切手の発行日当日の消印が押された封筒類のことである。記念切手などでは、記念の対象の関係者には記念品であり、また、数が限られることから切手収集家や記念品収集家のコレクション対象としての趣味性が強い郵趣品である。英語"First Day Cover"の頭文字のFDC(エフ・ディー・シー)という略称である。

もしお持ちの伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取相場が気になる方は、下記のより無料査定してもらうことをおすすめします。

伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取業者を紹介!

第1位 バイセル

高額切手買取業者ランキング1位は「バイセル」です。バイセルはタレントの坂上忍さんを起用してCMを行っているので、多くの方がご存知なのではないでしょうか。 バイセルといえば、切手買取価格の高さに定評があります。実際に赤猿切手を6社の買取業者の査定してもらいましたが、最も買取価格が高かったのがバイセルです。 またバイセルの出張買取は申し込みからの査定・買取まで最短30分で対応してもらうことが可能で、時間をかけずに切手を買取してほしい方におすすめです。

伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取をお考え中の方へ

伊勢神宮式年遷宮記念切手は、記念切手の中でも高額で買取を期待できる切手となっています。

しかし切手の買取価格はいつ急に下落するかわからないため、数年後には価値がないなんてことをあります。

もし伊勢神宮式年遷宮記念切手をコレクターとして集めていないのであれば、無料査定してもらい価値を確かめてみてください。

もしそこで提示された買取価格に納得できれば、売れば良いだけです。

ぜひ一度、下記のより無料査定してもらうことをおすすめします。

-記念切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.