日本切手の価値と買取相場

第3回新聞週間記念切手の買取相場を解説!

投稿日:

第3回新聞週間記念切手の買取

第3回新聞週間記念切手は、毎年10月に行われる新聞週間の第3回を記念して発行されました。

そんな第3回新聞週間記念切手は、琉球切手の1種で切手コレクターの間で非常に人気が高い切手です。

そこで本記事では、第3回新聞週間記念切手の買取相場からおすすめの買取業者まで紹介していきます。

第3回新聞週間切手の買取相場

第3回新聞週間切手の買取相場

並品
美品
500~1,000円 1,000~1,500円~

第3回新聞週間切手は、未使用の現存品は少ないため、非常に価値の高い切手となっています。

1953年第3回新聞週間は、毎年10月に行われる新聞週間の第3回を記念して発行されたものです。

切手のデザインは、鉛筆を形どった紙型とともに沖縄の新聞人、政治家である太田朝敷がデザインされています。

お持ちの第3回新聞週間切手の詳しい買取価格が気になった方は、一度無料査定してもらうことをおすすめします。

第3回新聞週間切手の買取をお考え中方へ

第3回新聞週間切手の価値・買取相場は、1枚最大で1,500円ほどとなっております。

しかし今後これ以上買取価格が上昇するかどうかはわかりません。

なぜなら若い世代の切手コレクターが減少しており、切手の需要が減少していくことが考えられるからです。

もし、次売ろうとした時には、第3回新聞週間切手の価値が全くないなんてことも、、、。

そんなことにならないように、一度無料で査定してもらうことをおすすめします。

当サイトでは、TOPページの切手買取おすすめ人気業者ランキングで切手買取業者を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

-日本切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.