日本切手の価値と買取相場

鳥シリーズ切手の買取相場を徹底解説!

投稿日:

鳥シリーズ買取相場

1963年〜1964年の1年間をかけて発行された鳥シリーズ切手。

これまで日本では多くのシリーズ切手が発行されてきましたが、その中でも鳥シリーズ切手はコレクターの間で非常に人気に切手となっています。

額面価格10円で、デザインが「るりかけす・らいちょう・きじばと・こうのとり・うぐいす・ほおじろ」の6種類発行されているのが特徴です。

そこで本記事では、鳥シリーズ切手の買取相場について1枚ずつ詳しく紹介していきます。

鳥シリーズ切手の買取相場を紹介

るりかけす
らいちょう
らいちょう
買取相場:100円~150円
買取相場:100円~150円
額面価格:10円
額面価格:10円
発行枚数:1350万枚
発行枚数:1690万枚
きじばと
こうのとり
きじばと こうのとり
買取相場:100円~150円
買取相場:100円~150円
額面価格:10円
額面価格:10円
発行枚数:1720万枚
発行枚数:1750万枚
うぐいす
ほおじろ
うぐいす ほおじろ
買取相場:100円~150円
買取相場:100円~150円
額面価格:10円
額面価格:10円
発行枚数:1800万枚
発行枚数:2500万枚

ここまで鳥シリーズ切手の買取相場について詳しく説明してきました。

鳥シリーズ切手の買取相場は、基本的には100円前後での買取価格となっており、それほど高値で買取が期待できる切手ではありません。

しかし鳥シリーズ切手の切手シートも発行されており、切手シートであれば買取相場も300円〜500円ほどとなります。

はてな

切手シートとは

個別に切り離されていない状態の切手。切手が複数枚印刷される際に、周囲が余白(耳紙"みみがみ")で囲まれている形をさす。シートは数枚から数百枚の切手で構成される場合があるほか、切手収集家などを対象にした小型シートもある。切手が収集の対象となることがあるのと同様に、切手シートも収集されることがある。

また、本記事で紹介した買取相場はあくまでも相場であってお持ちの鳥シリーズ切手の状態によってはさらに高値での買取も期待できます。

もしお持ちの鳥シリーズ切手の買取価格が気になる方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

鳥シリーズ切手買取おすすめ業者を紹介

第1位 バイセル

高額切手買取業者ランキング1位は「バイセル」です。バイセルはタレントの坂上忍さんを起用してCMを行っているので、多くの方がご存知なのではないでしょうか。 バイセルといえば、切手買取価格の高さに定評があります。実際に赤猿切手を6社の買取業者の査定してもらいましたが、最も買取価格が高かったのがバイセルです。 またバイセルの出張買取は申し込みからの査定・買取まで最短30分で対応してもらうことが可能で、時間をかけずに切手を買取してほしい方におすすめです。

ポイント


・買取価格の高さ業界No.1!
・他社より買取価格が1円でも安ければキャンセル可能
・申込から最短30分で買取完了するスピーディな対応
・全国どこでも無料で出張買取
・出張料・査定料・キャンセル料など、全て無料!
・アフターフォローまでしっかり行ってくれる

注意ポイント

・人気すぎて、土日など予約が取ることが難しい

おすすめ理由:鳥シリーズ切手の買取価格の高さが業界No.1

バイセルは切手の買取価格の高さが業界No.1で、非常に高値で買取をしてもらえます。

月間20,000件の買取実績から生まれる鑑識眼で、鳥シリーズ切手本来の価値をより正確に査定してもらうことが可能です。

買取価格以外にサービス内容など全てにおいて日本トップレベルの実績があるからこそ、バイセルは安心して査定依頼できる業者です。

鳥シリーズ切手の買取をお考え中の方へ

鳥シリーズ切手の買取相場・おすすめの買取相場を詳しく紹介しましたが、額面価格以上で買取が期待できる切手です。

鳥シリーズ切手の買取を希望する方は、ぜひいますぐ買取してもらうことをおすすめします。

高額買取が期待できるシート切手はシート型であることが高価値の要因であるので、1枚1枚バラバラにしてしまうと、買取価格が数百円まで下がってしまう可能性があります。

最近発行された切手ですが、高値で買取が期待できる切手であるので、汚れたりしてしまう前に買取してもらうことをおすすめします。

そうならないように、鳥シリーズ切手をお持ちの方はいますぐ買取してもらいましょう。

-日本切手の価値と買取相場

Copyright© 切手買取おすすめ人気業者ランキング【最新版】 , 2020 All Rights Reserved.